2018-2019 年度方針

会長就任に当たって

会長 下浦弘章

国際ロータリー会長 バリー・ラシン
テーマ『インスピレーション』になろう
第2650地区 中川基成ガバナー

スローガン『ロータリーを学び、実践し、発信しよう;Enjoy Rotary』

京丹後ロータリークラブ活動方針

テーマ『60周年の温故知新』

 京丹後ロータリークラブは、本年度、創立60周年を迎えます。1959年5月25日、21名のチャーターメンバーによって創立されました。スポンサークラブは、京都ロータリークラブ、宮津ロータリークラブです。

 60周年の歴史と伝統を学び、今後の当クラブの発展、新たな歴史の始まりにしたいと考えています。

 本年度は、基本的に第2例会時に、5分間スピーチとして、ベテランの会員から、当クラブの歴史と伝統にかかわるエピソードを語ってもらいます。

活動計画
  • 1.例会出席
     例会内容の充実により、出席率の向上をはかる。
  • 2.会員増強
     純増3名を目標とする。
  • 3.公共イメージの向上(広報)
     ホームページ、フェイスブック、地元新聞、京丹後市の広報誌などの活用。
  • 4.奉仕活動
     地元に貢献する奉仕活動を行う。
  • 5.親睦
     親睦はロータリー活動の原点です。
  • 6.60周年記念事業の遂行
     記念事業(京丹後市内の小学生ミニバスケットボールチームに対するクリニックの実施、京都ハンナリーズからコーチの招聘)
     記念式典(2019年5月26日)の実施
     記念誌の発行